文献Bibliography

水素に関わる文献を掲載しております

文献, 水素研究の文献一覧

生体内発生する水素~水素の産生と排泄の関係

腸内にチューブを挿入し、ヒトの腸内で水素ガスが産生されることを確認する研究。10人の正常被験者を対象に腸内で産生される水素量は、0.06~29mlで推移した。空腹状態での水素ガス産生平均は0.24ml/分。腸に乳糖を注入すると、平均ピーク速度は、1.6ml/分に増加した。また、食事摂取によっても7~30倍に増加した。 文献詳細を見る

文献, 水素研究の文献一覧

大腸発生水素による酸化ストレス軽減と生活習慣病予防の可能性

2007年にOsawaらは、脳虚血-再灌流(IR)処置によって酸化ストレスを与えたラットにH2ガスを吸入させることによって、生成されたヒドロキシラジカルが特異的に捕捉され、酸化障害が軽減されることを見出した。 文献詳細を見る

心停止後症候群に対して水素ガス吸入が脳障害を改善する効果を発見   -救急医療現場に即した社会復帰率を改善する新たな治療法として期待‒

文献, 水素研究の文献一覧

心停止後症候群に対して水素ガス吸入が脳障害を改善する効果を発見 -救急医療現場に即した社会復帰率を改善する新たな治療法として期待‒

慶應義塾大学医学部救急医学教室(林田敬特任助教、堀進悟教授)、同内科学(循環器) (佐野 元昭准教授、福田恵一教授)、日本医科大学大学院医学研究科加齢科学系専攻細胞生物学分野(上 村尚美准教授、太田成男教授)らの共同研究グループは、心肺停止後に蘇生され心拍再開が得ら れた後に、濃度 1.3%の水素ガス(注1)を低濃度酸素吸入(注2)下で吸入させることによっ て、生存率や脳機能低下を改善することをラットにおいて発見しました。 文献詳細を見る

水素研究の文献一覧

マイナス水素イオンについての見解

1)学術的に「マイナス水素イオン」という表現はない

・一部研究でその存在を示唆するデータが報告された事例もあるが、それでもそれが「マイナス水素イオン」であることを明確に証明するには至っていない。 文献詳細を見る

その他, 水素研究の文献一覧

水素の「抗炎症/鎮痛効果」について

水素が強力な抗酸化力によって「抗炎症/鎮痛効果」を示すことは多くの論文に発表されており、都内のクリニックでも『変形性関節症』『慢性関節リウマチ』『外傷後後遺症』『五十肩』『変形性脊椎症』などに対し、水素注射をおこなうことで急速に痛みを取ることは幾度も経験している。 文献詳細を見る

一般概論, 水素研究の文献一覧

活性酸素と水素の関係

・活性酸素:活性酸素は酸化力の強い酸素を含む分子の総称であり、全ての活性酸素が悪玉かといえば、そうではなく、中には生命活動において必要なものもある。還元力の強い抗酸化サプリメントをたくさん摂りすぎると必要な活性酸素も消去してしまいかねないとも言われている。その中で、一般的に悪玉とされているのが、「ヒドロキシラジカル(・OH)」である。通常の生活でヒドロキシラジカルが健康に役立っている場面は今のところ見つかっていない。 文献詳細を見る

水素研究の文献一覧

ミトコンドリアのATP合成についての記述

 ミトコンドリアでATP合成を進めるためには、水素イオンミトコンドリアマトリックスからくみだすために使われた電子を最終的に受け取るものが必要となる。その役割を担うのが酸素である。酸素は、電子と水素イオンに反応して水となる。また、栄養素を分解する過程では二酸化炭素が排出される。結局、細胞は食事で得た栄養素を呼吸で得た酸素を使ってエネルギーを生み出し、二酸化炭素を排出していることになる。(Newton20092月号) 文献詳細を見る

一般概論, 水素研究の文献一覧

ヒドロキシラジカルを消去する「水素分子(H2)」

野菜や果物や豆類などの植物性食品や漢方薬ががんの予防や治療に効果がある最も大きな理由として、抗酸化物質の存在があります。つまり、植物性の食品や薬草や生薬には、フラボノイドやカテキンなどポリフェノール(polyphenol)と呼ばれる成分が豊富に含まれ、このポリフェノールが抗酸化作用を示すからです。 文献詳細を見る

水素研究の文献一覧

水素吸引によりラットの肺移植によって起こる虚血-再還流障害を予防;Inhaled Hydrogen Gas Therapy for Prevention of Lung Transplant-Induced Ischemia/Reperfusion Injury in Rats.

水素は強い抗酸化作用、抗-アポトーシス(自然細胞死)作用があることが多くの研究報告で明らかにされてきた。本研究は水素ガス吸引により肺移植後の虚血-再還流障害を防御できるか否かを検討した。 文献詳細を見る

文献, 水素研究の文献一覧

水素吸引により小腸移植障害で生じる移殖による酸化ストレス障害を改善する Hydrogen Inhalation Ameliorates Oxidative Stress in transplantation Induced Intestinal Graft Injury

小腸移植後時に、虚血再還流により運動不全、炎症、臓器不全等が起こる。 水素吸引により、活性酸素種の高毒性・OHが排除され事から、上記移殖障害が水素吸引によって改善される事が期待される。 文献詳細を見る

文献, 水素研究の文献一覧

分子水素による健康増進・疾患抑制の新規分子機構の解明 著者/伊藤雅史(東京都健康長寿医療センター)他

分子状水素の効果は多岐にわたる病態で報告されています。その作用機序としてヒドロキシルラジカルの選択的消去が提唱され、水素が酸化的障害を抑制することが確認されている。

文献詳細を見る

文献, 水素研究の文献一覧

分子水素は、脂肪酸吸収と脂肪蓄積を軽減する 著者/伊藤雅史(東京都健康長寿医療センター)他

分子水素は、HepG2細胞(ヒト肝癌細胞培養系)において、脂肪酸の転移酵素であるCD36の下方制御を通して脂肪酸吸収と脂肪蓄積を軽減した。 文献詳細を見る

文献, 水素研究の文献一覧

治療薬としての水素、その臨床応用に向けて 著者/中尾篤典(ピッツバーグ大学医学部外科)

近年、水素分子(H2)が虚血再灌流障害をはじめとする種々の疾患モデルに対して有効であることが明らかになり、急速に水素の研究が進んできた。 文献詳細を見る

水素研究の文献一覧, 記事

水素ガス(分子)の可能性

水素を応用しようした報告は、約20年あるいはそれ以上前からあったようですが、目に見えないものだけに、その存在の証明において業界に統一した指標がないなど、可能性の一方で、不明瞭さも指摘されてきました。 文献詳細を見る

水素吸着素材「ハイドロカルシウムパウダー」を使用した商品開発のご相談には一切費用はかかりません。

幅広い分野においての貴社オリジナル水素関連商品を企画・製造・納品まで、トータルサポート致します

受付時間 : 平日9:30-18:30 03-3356-8331
WEBからのご相談・お問い合わせははこちら